【風邪の効用】と私の体験談

風邪の効用

「風邪というものはうつらないのです、
本当は……⁡引くべき体の状態なら引く」

と言われても、ピンとこないでしょうか?

たしかに寝不足だったり、
疲れがたまっていたりすると引いてるわー
と思い当たる節がある方もいらっしゃる
のではないでしょうか。

野口整体で有名な野口晴哉先生の名著
「風邪の効用」より抜粋させていただきます。

🤸

健康な体は弾力がある
健康な体は伸び縮みに幅があるのです

人間はだんだん弾力を失って死ぬのです

脳溢血で倒れるのも癌になるのも
白血病も肝臓病も決して偶然ではない

その根本には鈍くなっている体がある

ところが風邪を引くと鈍い体が
一応弾力を回復するのです

上手に風邪さえ引ければ
血圧も下がるし
体の硬張りもなくなるし
一部分が冒されるようなこともなくなってくる


(ここからわたしの体験談↓)

20代の頃、母とけんか中だったある日

私が高熱で寝込んでも無視……
インフルエンザかも、と思いました
が病院へ行く気力も体力もなく

🛌


とりあえず温かくして寝て
汗をかいたら着替えて
水分を摂って寝ていたら
数日後、風邪をひく前よりも
元気になっていました!


「え?薬を飲まなくても治ってるし、
なんか身体スッキリしてる!」と。

️⁡
その原理はあとでこの書籍を
読んで納得したのでした!

自分で経過させられればよいので
病院に行く必要がないと思っていましたが

30代で整骨院に勤めていたとき
インフルエンザ様の症状が出て⁡
「うつしてはいけないから」
と同僚のすすめもあり
検査を受けたらインフルエンザ陽性。

病院に行くより寝ていたかったけど
陽性なら正当な理由で休める♪
と思ったのも事実。

忙しい職場でお休みをいただくのは
申し訳ない気持ちでしたが…
それくらい疲れていたのです(苦笑)


このときも薬を飲まず
スッキリ経過させられました

️    (体験談はここまで↑)

【体は嘘をつかない】

風邪を引くことは心理的な影響も大きい

潜在意識の反抗ということを無視して
体だけ、病気だけ治そうということは難しい。

(このとき潜在意識でわたしは
インフルにでもなれば休める
と思っていたのかもしれないということ)⁡

著書では
「⁡気を弛めて寝る」
ことの重要性も述べられています。

🛌


頭にエネルギーが行きやすい人は
目の疲労が胸椎3番にいって
呼吸器系統に異常を起こす。

テレビのない部屋に寝るのが一番よい
(今はスマホやパソコンも、ですね)

風邪を全うする要領として

「体を弛めること」
「冷やさぬこと」
「温める事」
「発汗は引っ込めないこと」
「平温以下の時期を安静にすること」
「平温に復したらすぐ起きること」
「水分を多めにとること」

とあります。
詳しくはお読みいただきたいですが、

「読むのは面倒だわ」とか
「体鈍ってるわー」とか
「自分で自分を守れる体になりたい」

そんな方はぜひレッスンにいらしてくださいね。

https://www.street-academy.com/steachers/31694


関連記事

  1. 生まれつき関節がゆるい

    生まれつき関節が緩い方がヨガやストレッチ、筋トレで気をつける…

  2. 目の疲れからくる【頭痛改善法】

  3. フィンランドの教育はなぜ世界一なのか

    自己肯定感が低い理由と高める方法

  4. 湿潤療法

    キズパワーパッド・ハイドロコロイドパッドによる湿潤療法

  5. 千歳船橋(世田谷区桜丘)でのレッスンについて

  6. 手作りマヨネーズ(動画あり)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP