20代で体調を崩し「トレーニング指導だけしてもダメ」と学び続けてきた結論とは?

5月2日の22:00過ぎ。
「明日スケート行くことになったよ。良かったら一緒に~」とLINE。
新卒で入社した会社の先輩からでした。

スケジュール的には「行ける!!」
でもゴールデンウィークだし
新幹線の指定席空いていないし……
うーんと迷いましたが、

ほかの先輩も「午後なら行けるよ」
とのことで行ってきました。

浜松スポーツセンター(通称:浜スポ)

スケートは久しぶりでしたが
何とか転ばずに滑れました(笑)。

実はスケートリンク老朽化と電気代高騰の影響で
閉館・解体が決まっているのです
一般利用は2024年5月6日まで)。

社長と勤めていたときの先輩もいらして
古巣(奥の7階建てのビル)も見学させていただきました。

寂しく、残念な気持ちもありつつ、
今まで維持・管理してくださった
ことがありがたかったです。

浜スポで関わってくださった
すべての方々にも感謝を申し上げます。

4年間勤務させていただいたなかで
自分自身も体調を崩し、さまざまな経験を経て
「トレーニング指導だけしていてもダメ」
という結論に至ったことも思い出しました。

退職後も「もっと体のことを学ばなければ!」
アメリカのトレーニング資格や健康運動指導士
をとったり、心理学や東洋医学も学んだりしてきました。

もちろん今でも学び続けています。
学べば学ぶほど、知らないことに気づかされるのです。

ここで少し話を戻します。

今回浜松駅から浜スポまでバスで向かいました。

バスでは他社交通系ICカード使用不可。
両替できるのは千円札のみ。
ちょうど一万円札しか持っておらず……

運賃240円で財布に入っていた
小銭は241円! ギリギリでした。

国内でもルールはまったく違います。
慣れとは恐ろしいものですね。

地元に帰ってくると、関東では
感じられない不自由さを味わえます。

でも、この不自由さが旅気分にさせてくれるのです。
これをわずらわしいと思うのか
便利さに感謝するかは人それぞれ。

でも旅行気分なら楽しめますよね。
そうだ!
「人生は旅」と捉えればいいんだ!


そんな発想をできるようになるには
少し時間がかかるかもしれません。

しかし、心のもち方が変われば人生は一変するのです。
がんばらずに愉しく成幸する考え方、心のもち方
を身につけたい方は新谷真生先生の新刊がおすすめです↓

がんばらずに愉しく成幸する87の秘訣【新しい生き方】
人生の後半になぜかうまくいっている人の心のもち方

とてもシンプルですが、奥が深いです。
微力ながら企画、編集、校正させていただきました。

Kindle unlimited の方は無料で読めます。
がんばっているのにうまくいかない方、
仕事や人間関係で疲れている方にもおすすめです。

加藤 小百合





関連記事

  1. 四馬の譬喩(しばのひゆ)

  2. おいしく食べて 一生太らない【体感メソッド】

  3. 【心がスッと軽くなる101の秘訣】気にならない力

  4. デスクワークなど座りすぎによる死亡リスクとすぐできる対策

  5. 祝Amazon1位『忙しい女性のための心と体の疲れを取る技術…

  6. 風邪の効用

    【風邪の効用】と私の体験談

PAGE TOP