体質と食物 健康への道

私はもともと身体が強い方ではなく、
食べ物の重要性はわかっていたので、
大学では栄養学も好んで学んできましたが、
その栄養学で花粉症などのアレルギーが悪化したと思っています。


死の同心円―長崎被爆医師の記録 (長崎文献社名著復刻シリーズ 2)

で、1945年8月9日に投下された原子爆弾の
爆心地より1.8キロメートルの病院で、
著者と一緒に患者の救助、付近の人びとの
治療に当たった従業員に原爆症が出なかった
というエピソードを読みました。

秋月辰一郎博士と病院関係者は全員被爆した。
博士は焼けただれて痛がる人々に、
「水を飲んではいかんぞ!」と大声でどなった。

おそらく直観的に、血液の濃度を保ち、
血液の状態を水でうすめることなく
ガードしようとしたのだろう。
 ((注)たしかに戦地で、傷の深い重傷の兵士に
水を飲ませると、すぐに死んでしまうという記録がある)

さらに博士は、次のように職員に命令したという。

「爆弾をうけた人には塩がいい。
玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。
塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。
そして、甘いものを避けろ。
砂糖は絶対にいかんぞ」 

「放射線宿酔」と呼ばれる。
レントゲンを受けたあとに起こることがある
全身の倦怠や頭痛などの症状には、体験上、
生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むとよい
ということをとっさに思い出し、
原爆の放射能から体をガードするには、
塩が有効であることを推理したのだ。

みそ汁の具は、カボチャであった。
のちにわかめのみそ汁も多くとったらしい。

砂糖を禁じたのは、

砂糖は造血細胞に対する毒素であり、
塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力を与える

という、彼自身の食養医学によってである。

すると、どうであろう。

そのとき患者の救助にあたったスタッフらに、
原爆症の症状が出なかったのである。

ふつうなら、しだいに原爆症の症状が出て、
進行してしまうところなのに、
彼らはそれからのち、ずっと
現実に生き延びているのである。

このことは、私にとって大きなショックであった。
食というものによる、見かけからはなかなかわからない

「体質的な強さ」というものの
重い価値を知り驚嘆した。

ちょっとした体質のガードが、
明らかに生と死を分けているからである。

博士は人間の体質にとって、
みそが実に大切であることを説き、
のちにこう語っている。

「この一部の防禦が人間の生死の
境において極めて重要なのである」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループレッスン(二子玉川)について

最近の記事

  1. 筋トレ
  2. レモンシロップ
  3. オンラインパーソナルトレーニング
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

PAGE TOP